財布メンズTOP >> 財布メンズ「コードバン財布」


年々希少性が高まる”コードバン”財布(メンズ)。

コードバン財布 財布(メンズ)の中でも、近年さらに人気の高まりを感じるのが「コードバン財布」です。 ”CORDOVAN”は古き時代から、革製品(靴・財布・ベルトなど)として活用される・・ 世界的にもステータスの高い素材です。もともとコードバンは、欧州で飼育されていた 農耕馬の位置部位(臀部)からしか採取できない革素材でなのですが・・年々社会背景 の変化にともない農耕馬自体が減少・・あわせてCORDOVANの産出量も激減している状況 となっています。この傾向は、今後さらに加速していくものと考えられていることから、 ”コードバン財布”の希少性及び価値観も高騰していくのではないでしょうか。

そんな”希少性”の高い高級素材であるコードバンですから、粗悪品や偽者・類似品も 多数存在していることには注意が必要です。特に単なる”馬革”をもって”コードバン” と表しているような財布も多々存在しています。基本的に高級な財布となるのが当然 のアイテム(日本製コードバン長財布であれば、2.5万円以上するのが妥当です)。 あまり安価なものには、注意の気持ちを持っていただければと思います。

当サイトでは、CORDOVAN素材の品質を重視。信頼度の高い、本物志向のコードバン財布を厳選してご紹介いたします。

日本製プランド「コードバン財布」の特集はこちら。
財布「コードバン」|CORDOVAN-WALLET|特集はこちら。


財布メンズcontents


日本製のコードバン財布シリーズ/CYPRIS

財布

財布 ”コードバン(CORDOVAN)”素材は、農耕馬の一部分(臀部)からしか採取できないとても希少な革素材です。 農耕馬自体の飼育が減少傾向となっていることもあって、年々採取量が減少・・その希少性は高まるばかりの革素材となっています。 ”コートバン”は通常の牛革の約2倍の耐久性を有するといわれており、とても緻密な繊維構造となっているのが最大の特徴です。古くから”バッグ、財布、革靴など”の革製品に 活用されている革素材となっているのも、こんな耐久性の高さが魅力となっているからなのではないでしょうか。

そんな希少な”コードバン”素材を使用、伝統的な日本の革職人技術によって創作されている財布シリーズがこちらの ”CYPRIS コードバンシリーズ”です。革素材自体が貴重なため、在庫は常に少ない状態。「販売、売り切れ、再入荷」のサイクルを繰り返す流れとなっており、入荷タイミングも不定期となっています。在庫があったときには、即購入がおすすめの財布です。

*素材:コードバン(馬革)
*TYPE:長財布、二つ折り財布、名刺入れなど

日本製のコードバン財布シリーズ/CYPRIS の詳細・購入はこちら。


日本の本革職人による限定創作コードバン「長財布・二つ折り財布」

財布

コードバン財布 こちらはコードバン原皮を欧州から輸入、それを伝統的な革技術を伝えて来た・・姫路(日本) の老舗タンナーにてなめし加工及び特殊な仕上げ加工を施し創出した”コードバン素材” を利用して創作されたCORDOVAN財布です。

他では見ることのできない、”蜜蝋”を染み込ませて誕生したコードバン。ブライドルレザー の仕上げ技術を用いた画期的なコードバンとなっています。ブライドルレザーと同様の ”ブルーム(蜜蝋が粉状に白く浮き出たもの)”が独特の風合いを創出しています。 そんな革素材を日本の匠革職人によって、ひとつひとつ丹精込めて創作されている 、個数限定創作コードバン財布がこちらです。 ”素材の品質”を大切にしているため、販売期間も”不定期”であり、創作個数も入手できた”コードバン素材”量 にあわせての限定個数となっています。早期売り切れが確実のレアアイテム となりますので、なるべく早いタイミングでの購入がおすすめです。再入荷予定が決まったとき にはこちらでお知らせしていきます。

*素材:蜜蝋仕上げのコードバン(馬革)
*TYPE:長財布、二つ折り財布、名刺入れなど

▼日本の本革職人による限定創作コードバン長財布の詳細・ご購入はこちらから
▼日本の本革職人による限定創作コードバン二つ折り財布の詳細・ご購入はこちらから


コードバン素材の近況。年々素材としての希少性が高まるCORDOVAN。

コードバン素材(CORDOVAN)というのは、もともと希少な革素材でした。欧州の農耕馬の一部分 (臀部のみ)からのみ採取できる革素材で・・しかも、他の部位とは大きく特性が異なる革素材 なのです。ですから、単純に「馬革素材」として括ってしまうわけにはいかず、CORDOVANという 独自の名称が付けられているのです。

そんな原材料となる「農耕馬」は、古くは食用として、多数育てられていたもので、革素材を 採取するために牧畜していたわけではなかったんですね。現在では、食用としての需要が激減 しており、農耕馬自体が数を減らすこととなりました。

コードバンを装った紛い物の横行。

原材料となる農耕馬の数が激減したことで、農耕馬から採取される”馬革”も激減するのは 当然の出来事。さらに一部分からのみ採取される「コードバン」はとてもレアな素材へと 変化していきました。希少性の高まりは、価格高騰にも繋がることに。近年では、革素材の 中でも最高級に位置づけられる革素材となっています。

価格高騰するとともに、大きな課題として浮上してきたのが、「紛い物・偽物の横行」です。 本来「コードバン」ではない、単なる馬革素材をCORDOVANに似せて加工した、紛い物から、 粗悪な牛革素材をベースに「コードバン風の仕上げ」によって作られた偽ものまで、多様な 粗悪品が横行するようになりました。近年、価格の安いものは、まずは疑ってかかる必要が あるのが「コードバン財布」といえそうです。

Bookmark